お悩み相談

屋根塗装や屋根リフォーム時に温水器も撤去したい!費用ってどれくらいかかるの?

屋根塗装を検討している方や、屋根リフォームを検討している方の中には、

一緒に温水器も撤去したいな

と考えている方もいるでしょう。

そこでこの記事では、温水器の撤去にかかる費用と、依頼先について詳しく解説していきます。

 

温水器ってそもそも何?

温水器というのは、太陽の熱を利用してお湯を作り出す機械のことです。

基本的には屋根に設置されていることが多く、ソーラーパネルと似たような作りになっています。

通常はガスや電気を使って冷水を温めて温水を作り出すのですが、温水器があればガスも電気も使わずに、太陽の力だけでお湯を出すことが可能になるのです。

古い温水器を撤去すべき理由は?

温水器を有効活用している場合は、今すぐに撤去を考えなくてもいいかもしれません。

しかし、温水器をほとんど使っていない場合や、数十年前に設置した温水器をずっと屋根の上で放置している場合は、できるだけ早く撤去した方が良い場合もあります。

では、古い温水器をできるだけ早く撤去すべき理由について、詳しく見ていきましょう。

古い温水器をそのままにしていると屋根に重量がかかる

温水器は非常に重たい機械で、からの状態でも100㎏ほどの重量があります。

温水器が水で満たされた場合は、総重量が300㎏を超えることもありますので、当然屋根に負担がかかります。

新築やリフォームしたての住宅であれば問題ありませんが、屋根の耐久性が落ちてしまっている場合は非常に危険なのです。

 

台風や竜巻の影響を受けることもある

温水器を設置してまだ日が経っていない場合は別ですが、かなり年数が経過してしまっている場合は、温水器を支えている設備も劣化している可能性があります。

ボルトやワイヤーなどが劣化してしまった場合、ちょっとした衝撃で外れてしまう可能性があり、竜巻や台風の影響を受けてしまうこともあるのです。

台風や竜巻などはいつ起こるかわかりませんので、安全に生活をするためにもできるだけ早く撤去しておくことが大切です。

 

温水器の撤去費用ってどれくらいかかるの?

温水器の撤去費用は、大体8万円から12万円が相場となっています。

ただし、この金額はあくまでも目安となりますので、温水器の状況によっても費用が異なります。

詳細の費用を知りたい場合は、一度専門の業者に見積もりを出してもらいましょう。

 

温水器の撤去はDIYでもできる?

温水器の撤去にお金をかけたくないと考えている方はたくさんいるでしょう。

温水器の費用は、DIYでもやろうと思えばできるのですがあまりおすすめできません。

温水器は非常に単純な仕組みで設置されているのですが、先ほども解説したように重量が100㎏から300㎏ほどあり、屋根の上で作業を行いますので、非常に危険です。

また、クレーンを使わなければならないこともありますので、業者に依頼する方が良いと言えます。
部分的な足場が必要となる場合が多いです。

 

温水器の撤去はどの業者に依頼すべきなの?

次に、温水器の撤去を依頼できる業者をいくつか紹介していきます。

 

購入したお店

まずは購入したお店です。

温水器を購入したことを証明できる書類などがあれば、対応してくれるでしょう。

また、場合によっては撤去と同時に引き取りを行ってくれる場合もありますので、一度確認してみると良いでしょう。

 

不用品回収業者

不用品回収業者の中には、温水器の撤去と回収に対応している所もあります。

このような業者に依頼することで、手軽に温水器を撤去することができるでしょう。

ただし、新しい温水器と取り換える場合は、専門の業者に依頼する方が良いと言えます。

また、不用品回収業者によって料金に違いが出てきますので、必ず複数業者をピックアップしたうえで、相見積もりを取りましょう。

 

屋根の修理や工事を行っている専門業者

屋根の修理や工事を行っている専門業者の中にも、温水器の撤去に対応してくれるところがあります。

このような業者に依頼をすることで、屋根塗装や屋根リフォームなどと同時に撤去を依頼することができるため、効率的です。

ただし、経験の浅い業者に依頼をしてしまうと、温水器撤去の際に様々なトラブルを引き起こしてしまう可能性がありますので、業者選びは慎重に行わなければなりません。

弊社翔工務店では、屋根、雨桶、外装工事を専門としており、温水器やソーラーパネルの撤去、脱着にも対応しています。

これまでにも数々の温水器を撤去しており、実績が豊富ですので、安心してお任せいただけます。

温水器の撤去と同時に屋根塗装や、屋根リフォームなどをお考えの方は、是非翔工務店にご相談ください。

翔工務店温水器撤去施工例

まとめ

温水器というのは、非常に便利な機械で、ガス代や電気代の節約にも繋がります。

しかし、設置からしばらく経過している場合や、既に使っていない場合は、できるだけ早く撤去することがおすすめです。

温水器の撤去については、自分で行うことも可能ですが、トータル費用やリスクなどを考えると業者に依頼した方が良いと言えます。

温水器の撤去と屋根の工事を同時に行いたいと考えている方は、翔工務店までご連絡ください。

神奈川で屋根・雨樋・外装の工事、修理なら 株式会社翔工務店へ

株式会社翔工務店は平均年齢20代前半の若い会社ですが、技術はどこにも負けていません。

いちばんの強みは、足場工事、屋根工事、塗装工事とすべて自社で行えること。一般には分業されるこの業界にあって、一式で頼めるので管理に手間がかからず、コストも抑えることが出来ます。何より、トラブルがあればすぐにかけつけます!

自信をもって、宣言できます。私たちは、神奈川で一番若くて親切なリフォーム屋です!