その他お役立ち情報

屋根・外壁塗装で使用する下塗り塗料の違いは?また役割や必要性もこちらでご紹介します!

皆様!こんにちは!式会社工務店です!工事現場のイラスト

こちらでご紹介するのは

『屋根・外壁塗装で使用する下塗り塗料の違いや必要性』

についてです!

下塗り塗料の違い

屋根・外壁塗装で使用する下塗り塗料で代表的なものは3種類あり、

フィラー・プライマー・シーラー 

があります。

下塗り塗料は、屋根や外壁の塗装面と中塗り・上塗り塗料の密着をよくする役割があります。塗料の密着が弱いと、例え良い塗料を使っていたとしてもすぐに塗膜が剥がれたり、ヒビが入ってしまいます。

下塗り塗料は、一番最初に塗る塗料で、下地処理に含めていうこともあります。

下塗りが塗装面と塗料の間に入ることで密着がよくなるという大事な役割をしています。

プライマー

プライマーとシーラーは名前が違うだけでほとんど同じになります。

一般的に、塗料の密着度を高める為に屋根や外壁や雨戸などあらゆる箇所に用いられています。

その中でも、様々な材質に対応していますが、プライマーの商品で錆止め効果のあるものがあり、ステンレスや鉄やアルミの下塗りに使われることが多いです。

プライマー自体に錆を落とす効果はないので、錆防止のためにプライマーを使用する際は、下地に発生した錆を一度綺麗に落としてから使用します。

フィラー

フィラーとは、プライマーやシーラーに比べて、ドロドロとした粘り気のある材質をしています。

基本的に、凹凸のある下地材に使用されており、凹凸の激しい下地を平らに調整する、ひび割れが浮きでないように覆う役割をする下塗り用塗料になります。

そのため厚塗りが必要になります。

水性の下地材は浸透性が低く、フィラーは水性しかないので、既存の外壁材の劣化が激しい場合はプライマーを塗ってからフィラーを塗ることもあります。

またフィラーの中には、フィラーとプライマーの特性を併せ持つ、微弾性フィラーという下塗り材があります。

微弾性フィラー

名前の通り、微妙に弾力性があります。

微弾性フィラーも塗料の密着度を高めることと、細かいヒビ割れ・凹凸を平らにすることができる下塗り材になります。

柔らかく伸びる性質を持っているので、ヒビ割れが起きにくく、モルタルなどのヒビ割れが起きやすい材質によく使用されます。

比較的防水性にも優れています。

下塗り塗料の必要性

結論から言いますと、

下塗り塗料は塗装作業の中でかなり重要な役割をするので、必須となります!

上記の下塗り塗料の特徴でもお話ししましたが、

下塗り塗料は上塗り塗料を密着させる効果があります。

モルタル、コンクリート、サイディングボードなどの外壁材と中塗り・上塗り塗料との密着力、耐久性に優れた外壁塗膜を作り出すことが目的になります。

屋根や外壁はヒビなどの経年劣化が起きますが、下塗り塗料をすることで、平滑化することができて、塗料が密着しやすくなります。

逆を言ってしまえば、下塗り塗料を入れずに、上塗り塗料だけで塗装をしても剥がれやすくなってしまいます。

また、上塗り塗料が屋根や外壁に吸い込み過ぎてしまうのを防ぐという役割も下塗り塗料ですることができます。

経年劣化した屋根や外壁に上塗りだけした場合、スポンジのように塗料を吸い込んでしまいます。

吸い込んでしまった分多くの塗料を使用しなくてはいけなくなり、無駄な費用がかかってしまったり、気泡ができてしまったり、塗りムラが発生するなど見栄えも悪くなってしまいます。

この2点だけでも下塗り塗料の必要性がお分かりいただけるかと思います。

まとめ

下塗り塗料の種類の違い・役割・必要性について少しお分かりいただけましたでしょうか?

外壁塗装では、下塗り塗料で決まると言っても過言ではありません。

ぜひ業者に見積もりをしてもらう際は、下塗り塗料はちゃんと含まれているかなど、あらかじめ確認をしておくと安心かと思います。

株式会社翔工務店では、

見積もり・点検はもちろん無料となります!屋根・雨樋・外壁・外構でお困りのことがありましたら株式会社翔工務店にご相談ください!

仮設足場工事から屋根工事、外壁塗装工事まで完全自社施工で行っております。 他社と比べて費用、質、段取りの良さ、外装工事は負けない自信があります!
なので相見積もり大歓迎です!

頼んで良かった!と思って頂けるように、頂きましたご依頼には真面目に取り組ませて頂いております。

屋根工事費用、屋根カバー工法の料金プランなども掲載しておりますのでよろしければ是非ご覧ください!

お問い合わせお待ちしております。 よろしくお願いいたします。

外装リフォームについてのお役立ち情報はこちら!

LINEでのご相談も大歓迎です◎

LINE

LINE

インスタグラムも随時更新しております◎ぜひフォローよろしくお願いいたします◎

Instagram
インスタグラム

 

神奈川で屋根・雨樋・外装の工事、修理なら 株式会社翔工務店へ

株式会社翔工務店は平均年齢20代前半の若い会社ですが、技術はどこにも負けていません。

いちばんの強みは、足場工事、屋根工事、塗装工事とすべて自社で行えること。一般には分業されるこの業界にあって、一式で頼めるので管理に手間がかからず、コストも抑えることが出来ます。何より、トラブルがあればすぐにかけつけます!

自信をもって、宣言できます。私たちは、神奈川で一番若くて親切なリフォーム屋です!