お悩み相談

塗装ができない・オススメできない屋根材を紹介します‼︎

こんにちは!
神奈川県横浜市青葉区の屋根、外壁塗装、外装リフォーム専門店の株式会 社翔工務店(カケルコウムテン)の山中です!
今回は「塗装NGの屋根材」についてご説明させて頂きます!
この後にご紹介していく「塗装NGの屋根材」なのですが、現地調査にお伺いする際によく塗装されてしまっている状態をお見受けします。
屋根材メーカーが公表しておりますが塗装NGの屋根材に関わらず、本来コロニアル(スレート、カラーベスト)の塗装は美観の向上のみです。屋根塗装で耐久性が上がったり、寿命が伸びることはありません。
屋根について知識が少ない塗装屋さんなどが塗装をご提案してしまうそうです、、、
屋根の塗装も安くはありません。必要のない工事でお金の無駄になってしまわないように業者選びにも注意が必要です。
誤って塗装を選択しないようにもご自宅の屋根材の種類をお客様自身で把握しておくと今後のリフォームの際に役立つと思います。

I 1.塗装ができない屋根材、ニチハ/パミール

パミールとは製品としての問題があって、今は製造中止になっている屋根材です。
様々な不具合のせいで”塗装をしても無意味”なため、塗装ができない屋根と呼ばれている屋根材です。

パミール」は国内最大手の外装建材メーカーのニチハが1996年~2008年に製造していた、屋根材の商品名の一つです。
パミールが製造された当時は屋根材へのアスベスト(石綿)の使用が禁止された時期でした。
そのため、パミールもノンアスベスト切り替え直後の製品の一つです。

パミールの不具合

剥れ



ミルフィーユのように層状にパリパリと剥れています。
表面に塗装をしても、屋根本体ごと剥れてしまうので、塗装しても意味がありません。

パミールの適切なメンテナンス方法


パミールは、層状に割れて剥れてしまう為、塗装によるメンテナンスができません。
差し替えも中で屋根材が割れてしまうなどがあるため出来ません。
そのため、屋根のメンテナンスとして出来るのは「屋根カバー工法か屋根葺き替え」です。
下地が丈夫な内のカバー工法をオススメいたします!

葺き替えもできますが、葺き替えは大量に廃棄物がでるので処分費がかかります。
そして、パミールの葺き替えは作業中に出るゴミが飛び散ってしまう可能性があるため、下地が丈夫な場合はカバー工法がオススメです。

2.塗装ができない屋根材クボタ株式会社(現ケイミュー株式会社)/コロニアルNEO

コロニアルNEOはクボタ株式会社(現ケイミュー株式会社)が開発したアスベストが入っていないスレート屋根の種類です。
無数のひび割れや大きな欠けが目立つなどの不具合により現在では製造が中止されています。

10年ほどで劣化症状が見られるため、「塗装できない屋根」の一つになっています。

コロニアルNEOの症状

方向性のない無数のひび割れ


写真のヒビは塗装後1年以内にでたものです。
方向性のない無数のひび割れ
があるのがコロニアルNEOの症状の一つです。
耐久性が弱いコロニアルNEOはすぐにひびが入ってしまうため、屋根に登った時にも人の重さで割れてしまう場合があります。

大きな欠けがある(砕けている)



無数の大きな欠けがあるのもコロニアルNEOの症状の一つです。
コロニアルNEOが割れて落下してきてしまう例も少なくありません。

3.塗装ができない屋根材、松下電工(現:ケイミュー)/レサス


コロニアルNEO以上に割れやすい印象があります。
点検などで歩くだけで割れてしまう為注意が必要です‼︎

4.塗装をオススメしない屋根材、久保田松下電工(現:ケイミュー)/グリシェイドNEO



あまり知られていませんが、塗装後間もない状態でヒビや割れが報告されております。
写真は屋根塗装後3年の状態です。
物凄い数のヒビが入っておりました。
屋根塗装はカバー工事と比べるとコストも安く提案してくる工事業者様も多いと思います。
ですが、工事が無駄になってしまうことはお客様に申し訳ないので弊社では基本的に屋根塗装はオススメしておりません。

5.塗装がオススメできない屋根材、久保田松下電工/エコシンプル

こちらもよく塗装されておりますが、ヒビが入りやすく割れやすいです。


塗装後2年後に割れてしまった例になります。

上記が塗装NGの屋根材と違い塗装不可の屋根材として情報でてきませんが、弊社では塗装を禁止しております。

コロニアルNEO、パミール、レサス、レサス・グリシェイドNEO・エコシンプルは全てアスベストが含まれていません。
元々コロニアル、スレート、カラーベストにはアスベストが含まれておりました。
アスベストの使用が禁止となった当初のノンアスベスト屋根材は不具合が多いです。。。

塗装不可の屋根材は差し替えはできるの??

屋根材の差し替えとは破損してしまった屋根材を1枚単位で交換する工事です‼︎
陶器瓦などは廃盤品でなければ工具なしで差し替えることが可能です。
コロニアル(スレート、カラーベスト)は特殊な工具を使用して差し替えを行います。

結論から申し上げますと差し替え可能ですがオススメできません。
塗装NGの屋根材は廃盤になっている為現行品の屋根材で代用します。

私が塗装NGの屋根材の差し替えをオススメしない理由

・差し替えの際に他の屋根材を痛めてしまう為
コロニアルの差し替えは先ほどご説明した通り特殊な工具を使用して既存屋根材を抜き取ります。抜き取る際にどうしても他の屋根材に抜き取る衝撃を与えてしまいます。
・すぐに割れてしまいキリがない為
破損していない屋根材も破損している屋根材と同じ年数が経っています。
差し替え後3ヶ月後の点検で新たな割れやヒビが発生してしまっていることもあります。イタチごっこのように差し替えを行うことになってしまいコストが無駄になってしまいます。

パミール同様に塗装NGの屋根材はカバー工法がオススメです‼︎

屋根カバー工法とは?

現在の屋根をほぼそのまま残し、その上に新しい屋根を載せて、覆うのが屋根カバー工法です。
文字通り、屋根を屋根でカバーする工法です。よって、屋根が二重になります。屋根を重ねて葺くので、「重ね葺き」という呼ばれ方もします。

カバー工法のメリット

「現在の屋根」に「新しい屋根」を被せるので、解体工事がほぼ不要、つまり廃材がほとんど出ません。
これが最大の特徴で、様々なメリットへ繋がっていきます。
解体と廃材処理が必要な部分は棟板金くらいなので、葺き替えなどと較べると費用がお安くなります!

自宅が塗装NGの屋根材かどうか分からない、塗装できない屋根材だと分かったがどうしようか迷っているという方は、一度ご相談下さい!
解決策をご提案致します!

弊社は屋根工事が主力の会社ですが、屋根カバー工法工事は弊社で最も施工件数が多い工事になります。大変ありがたいことに屋根カバー工法工事は常に途切れることなく施工させて頂いております。

屋根・雨樋・外壁でお困りのことがありましたら株式会社翔工務店にご相談ください!
仮設足場工事から屋根工事、外壁塗装工事まで完全自社施工で行っております。 他社と比べて費用、質、段取りの良さ、外装工事は負けない自信があります!
自信がありますので相見積もり大歓迎です!
頼んで良かった! と思って頂けるように、頂きましたご依頼には真面目に取り組ませて頂いております。

お問い合わせお待ちしております。 よろしくお願いいたします。

 

神奈川で屋根・雨樋・外装の工事、修理なら 株式会社翔工務店へ

株式会社翔工務店は平均年齢20代前半の若い会社ですが、技術はどこにも負けていません。

いちばんの強みは、足場工事、屋根工事、塗装工事とすべて自社で行えること。一般には分業されるこの業界にあって、一式で頼めるので管理に手間がかからず、コストも抑えることが出来ます。何より、トラブルがあればすぐにかけつけます!

自信をもって、宣言できます。私たちは、神奈川で一番若くて親切なリフォーム屋です!