スタッフブログ・お知らせ

神奈川県|平塚市:屋根縁切り・タスペーサー取付工事による修繕・雨漏り対策工事を行いました

こんにちは!
神奈川県横浜市青葉区の屋根工事、外壁塗装、外装リフォーム専門店の株式会社翔工務店(カケルコウムテン)の山中です!
神奈川県平塚市屋根縁切り工事及びタスペーサー取付の施工実績になります!
この度は、数ある業者の中から株式会社翔工務店にご依頼頂きまして誠にありがとうございます。

創業以来いつも大変お世話になっております。会社様からご依頼頂きました!

縁切り及びタスペーサー取付手順

1.カッター又は皮スキによる縁切り
既存屋根材(コロニアル、スレート、カラーベスト)の湿気や雨水を逃がす為の屋根材と屋根材の重なり目が塗料で埋まってしまいくっついている状態です。
皮スキやカッターを使い屋根材と屋根材の重なり目を切り離します。
水が溜まっている場合この段階で水が出てきます。

2.タスペーサー取付
本来タスペーサーは、屋根塗装をする前に付ける部材です。
縁切りをしなくてもいいように下塗り後にタスペーサーを屋根材と屋根材の隙間に差し込み雨水や湿気の逃げ道を確保します。

今回はお客様のご要望により縁切り後タスペーサーを取付ました。屋根材1枚に対して1枚または2枚差し込んで行きます。

3.清掃して完了!

 

以上になります。
今回は他業者様が塗装した屋根の縁切り及びタスペーサー取付でした!
思っていたよりサクサクと縁切りができて安心しました。
たまに塗料がべっとりついていて縁切りに苦戦することもありましたので、当日までヒヤヒヤしておりました。(笑)
やはり縁切りをするよりもタスペーサーを取り付けることがオススメです。
タスペーサーを取り付けることにより、完成後の綺麗な屋根の上を歩く必要もないということと何よりも縁切りよりも確実で楽です!!

縁切り及びタスペーサーの重要性


・雨漏りを防ぎます!
コロニアル又はスレート、カラーベストの塗装の際は4mm以上屋根材と屋根材の隙間が開いている時以外は縁切り又はタスペーサー取付が必要です。
逆に4mm以上隙間がある場合は雨水の逃げ道は確保されている為、タスペーサー不要です。
念のため塗装後に隙間が確保されているか、確認は必要です。
縁切り及びタスペーサー取付をしないで隙間を埋めてしまうと、内部に侵入した雨水や湿気が本来の逃げ道を塗料で塞がれてしまい雨漏りの原因になります。
また、下地(野地板)の腐食にもつながります。
水性塗料が塗膜が厚い為、隙間を塞ぎやすいです。
他業者さまが、縁切りを怠ってしまい雨漏りしてしまっている事例は私自身もご対応した事があります。
本来綺麗にする為の工事が、逆に寿命を縮める事に繋がってしまうなんて怖いですね。。。
屋根塗装の際もきちんと屋根の知識がある業者様に頼むことをオススメ致します!!

・タスペーサーとは???
タスペーサーとは株式会社セイムという会社が出しているスレート専用の縁切り部材です。
取り付けることにより縁切りが不要になります。
また雨水の切れや通気性も向上します。
スペースをタスからタスペーサーなのかな? と思ってます(笑)どうでもいいですね!笑

以上になります!

屋根・雨樋・外壁でお困りのことがありましたら株式会社翔工務店にご相談ください!
仮設足場工事から屋根工事、外壁塗装工事まで完全自社施工で行っております。 他社と比べて費用、質、段取りの良さ、外装工事は負けない自信があります!
自信がありますので相見積もり大歓迎です!
頼んで良かった! と思って頂けるように、頂きましたご依頼には真面目に取り組ませて頂いております。

お問い合わせお待ちしております。 よろしくお願いいたします。

神奈川で屋根・雨樋・外装の工事、修理なら 株式会社翔工務店へ

株式会社翔工務店は平均年齢20代前半の若い会社ですが、技術はどこにも負けていません。

いちばんの強みは、足場工事、屋根工事、塗装工事とすべて自社で行えること。一般には分業されるこの業界にあって、一式で頼めるので管理に手間がかからず、コストも抑えることが出来ます。何より、トラブルがあればすぐにかけつけます!

自信をもって、宣言できます。私たちは、神奈川で一番若くて親切なリフォーム屋です!