スタッフブログ・お知らせ

リフォームローンとは一体何?利用するメリットやデメリットを徹底解説!

住宅のリフォームは、外見を良くするためではなく、耐久性を維持、向上させるためにも重要です。

ただ、場合によっては多くの資金が必要になることもあり、全額自己資金で賄うのが難しくなるケースもあります。

そんな時に便利なのが、「リフォームローン」です。

この記事では、リフォームローンとは一体何なのか、リフォームローンを活用するメリットやデメリットは何なのかということについて、詳しく解説していきます。

 

リフォームローンとは一体何?

リフォームローンというのは、文字通り住宅の増改築や修理などの際に活用できるローンのことです。

冒頭でも解説したように、リフォームには高額な資金が必要になることもあり、総額が数百万円に及ぶこともありません。

とはいえ、費用がかかるからとリフォームを諦めてしまっては、外観も損なわれてしまいますし、耐久性が落ちてしまうこともあります。

リフォームローンを活用することで、

高額な費用を一括で支払えない
高額な費用を一括で支払いたくない

という場合でも、気軽にリフォームを行えるようになるのです。
資金不足で建物の劣化が進行してしまい、後々高額な費用をかけてリフォームするより早い段階でローンを組みリフォームをしてしまう方が費用も安く済む場合があります。

また、月々無理のない返済で建物の管理費という目線で見てあげることで今リフォームローンを活用される方が増えております。

 

リフォームローンにも種類がある?

そんなリフォームローンには、

・担保型
・無担保型

という2つの種類が存在しています。

では、それぞれの違いについて詳しく見ていきましょう。

 

担保型

担保型のリフォームローンでは、住宅などを担保にしてローンを組みます。

住宅を担保にすることで、

金利が下がる
返済期間を長めに設定できる

というようなメリットを得られるのです。

ただ、若干審査に時間がかかるケースが多いため、担保型のローンを活用したい場合は、早めに手続きを進めておくようにしましょう。

 

無担保型

無担保型では、担保を一切設定せずにローンを組みます。

無担保型は担保型よりも審査期間が短く、保証人なども原則不要ですので、手軽に借りることができます。

ただし、担保を設定しないため、

金利が若干高くなる
返済期間が短くなる

などのデメリットが生じてきますので、注意が必要です。

 

リフォームローンのメリットは?

次に、リフォームローンを活用するメリットについて、詳しく見ていきましょう。

 

無担保でも利用可能

先ほども解説したように、リフォームローンは無担保でも活用できます。

中には、

もちろん全額返済するけど、家を担保にするのはちょっとな・・・

と思っている方もいるでしょう。

そのような場合でも、無担保ローンを設定することによって、精神的な負担を軽減しながらリフォームを行えるのです。

 

審査基準がそこまで厳しくない

リフォームローンは、住宅ローンと同じ内容の審査が行われます。

ただ、審査基準については住宅ローンよりも厳しくありませんので、比較的スムーズに活用できるでしょう。

 

抵当権の設定が必要ない

住宅ローンを活用する際は、建物と土地を担保にする必要があります。

このことを抵当権と呼ぶのですが、抵当権を設定する際は数万円の諸費用がかかります。

しかし、リフォームローンの場合は抵当権を設定する必要がないため、面倒くさい手続きや、抵当権の設定にかかる数万円の諸費用を削減することができるのです。

 

リフォームローンのデメリットは?

次に、リフォームローンを活用するデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

 

金利が若干高い

住宅ローンの金利は、0.5%~2%に設定されることが多いです。

一方、リフォームローンの場合は2%~4%ほどの金利になることが多く、住宅ローンと比べると金利が高いと言えます。

数%くらいどうってことない

と考える方がいるかもしれませんが、金利が1%変わるだけで、返済額がかなり変わってきますので、シビアに判断する必要があります。

 

返済期間が短い

無担保型のリフォームローンを活用する場合、返済期間は5年から10年程です。

返済期間が短くなればなるほど、1回の返済金額も高くなりますので、月々の返済金額を確認したうえで活用することが大切と言えます。

 

借り入れ上限が比較的低い

リフォームローンは、借り入れ上限額が比較的低いです。

特に無担保ローンの場合は、50万円から500万円ほどとなりますので注意が必要です。

リフォームの内容によっては、50万円から500万円の借り入れで事足りる場合もあるのですが、工事の規模が大きくなると合計費用が1000万円を超えることもあります。

大掛かりなリフォーム工事や修理などを行う場合は、慎重に計画を立てていくようにしましょう。

 

まとめ

住宅のリフォームは、美しい外観を保つという意味でも大切ですが、老朽化を防ぎ、耐久性を維持するという意味でも重要になってきます。

ただ、リフォーム内容によっては合計費用がかなり高くなることがあり、全額自己資金で賄うのが難しくなるケースもあります。

そのような時に役立つのが、リフォームローンです。

リフォームローンを活用することで、気軽に増改築工事や修理などを行えるようになります。

ただし、リフォームローンにはいくつかのデメリットや注意点も存在していますので、慎重に検討していくようにしましょう。

翔工務店もリフォームローンが利用できます!

弊社は、イオンプロダクトファイナンスと業務提携しております。
金利は変動しますが現在の金利は約2.7%(2021年9月現在)となっております。

イオンプロダクトファイナンスでは、リフォームローンシュミレーションがありますので是非ご活用ください!

ご不明点等ありましたらお気軽に翔工務店までお問い合わせください!

神奈川で屋根・雨樋・外装の工事、修理なら 株式会社翔工務店へ

株式会社翔工務店は平均年齢20代前半の若い会社ですが、技術はどこにも負けていません。

いちばんの強みは、足場工事、屋根工事、塗装工事とすべて自社で行えること。一般には分業されるこの業界にあって、一式で頼めるので管理に手間がかからず、コストも抑えることが出来ます。何より、トラブルがあればすぐにかけつけます!

自信をもって、宣言できます。私たちは、神奈川で一番若くて親切なリフォーム屋です!