consultation

How much does it cost to repair and clean a gutter? Here are some tips on when to expect it, fire insurance, and how to choose a contractor

こんにちは!
神奈川県横浜市青葉区の屋根工事、外壁塗装、外装リフォーム専門店の株式会社翔工務店(カケルコウムテン)の山中です!

雨樋修理・清掃の料金相場は?目安時期や火災保険・業者選びのコツも!!

雨樋は外壁や屋根への雨による影響を最小限に抑え、住宅を長持ちさせるために重要な役割を果たしています。強風や大雨などの影響を受けて破損しやすいものの、室内は問題ないからと放置していると、建物自体まで影響が及んで大規模な修繕が必要になる可能性があります。

この記事では、雨樋の修理や清掃の費用相場やタイミングの目安、火災保険が適用できるケースや業者選びのコツなどについて解説します。雨樋の修理や清掃を検討している人は、業者に依頼する前に一度最後まで読んでみてください。

雨樋修理・清掃の費用相場
はじめに、雨樋の修理や清掃にかかる費用の相場について見ていきましょう。

雨樋修理の費用相場
雨樋の修理・補修と一口にいっても、修理内容によって具体的な価格は異なりますが、相場をまとめます。

修理工事の種類 費用相場
雨樋の交換・修理 3,000~5,000円/m
雨樋の継手補修 5,000~20,000円/箇所
雨樋の塗装(全体) 5〜10万円
雨樋の全交換 15~60万円

雨樋の欠落や破損の場合は、部分的に修理するか新しい雨樋と交換します。外側に雨樋が傾いているところは、支持金具を取り外し新しい雨樋と支持金具に交換します。

継手が外れているときは、雨樋の塗布面を清掃し接着剤を塗って新しい継手をはめ込むのが一般的です。複数箇所の傾きがある場合や、雨樋の支持金具も抜けているケースだと、部分的な修理では改善が難しく、雨樋全体の交換修理が必要になります。

雨樋清掃の費用相場
続いて雨樋の清掃費用の相場です。

修理工事の種類 費用相場
雨樋の清掃 5,000~30,000円/一軒

翔工務店は一式5000円で雨樋清掃ご対応致します!

戸建て住宅でも急勾配の屋根があるケースや、100mなど長い軒樋など追加費用が発生する場合もあります。実際の具体的な金額は、現地調査や打ち合わせ時に見積もりを作成してもらい確認しましょう。

雨樋修理・清掃の目安時期は?
雨樋の寿命は約15〜20年とされ、外壁や屋根などの塗装と同じくらいの時期でメンテナンスを検討するのが一般的です。ただし、次のような点が見つかった場合は、雨樋の修理や清掃が必要なタイミングといえます。
雨樋が詰まった状態で放置してしまうと、溜まった水や泥の重みで雨樋が歪んでしまう原因になります。
定期的に清掃をしましょう。

● 雨樋の破損や欠落
● 傾きの角度が急すぎる
● 金具が外れている、壊れている
● 継手が取れている
● 雨水が溢れる
● 雨樋から植物が生えている

雨樋の取り付け位置や不調によって雨漏りなどが起き、近隣トラブルに発展する可能性も考えられます。

また、雨樋は建物に取り付けてあるだけなので、強風や大雨によって吹き飛ばされることもあります。台風が連続で通る時期などは特に素早い対処が必要になるので、台風が通ったあとは雨樋をチェックしておきましょう。

雨樋の修理や清掃に足場は必要?
雨樋の修理や清掃を行う場所によって、足場が必要な場合と不要な場合に分かれます。

1階部分の雨樋は基本的に脚立を使って作業を行うため足場は不要です。2階以上の雨樋や、1階の雨樋であっても脚立では安全に作業できない場合などは、足場を設置します。例外的に2階以上でも足場なしで作業可能なケースもあります。

雨樋の工事における足場費用は、施工業者が見積もりの段階で項目に含めていることが多いですが、不明な場合は念のため確認しておくと安心です。

雨樋の修理や清掃に火災保険は適用できる?
雨樋の工事を火災保険の適用にできる場合があります。火災保険に加入している人は、火災保険の補償対象となる自然災害による被害と認められた場合、修理費用を保険金で賄えます。

例えば、台風による強風や大雨、竜巻、大雪や雪崩、雹(ひょう)などの水災、風災、雪災などが代表的です。修理工事の際の足場設置費用なども保険の対象となります。対象となっている補償範囲については、保険会社の公式サイトやパンフレットなどで確認してください。

【雨樋の修理工事を火災保険申請するための基本適応条件】
・雨樋の修理工事費用が20万円以上又は10万円以上(保険会社や契約により異なります。)
・風災、雪災などの自然災害による破損事故から3年以内の申請および請求
・強風の条件は、最大瞬間風速が秒速20m以上の風によって生じた損害が一般的

すでに修理工事やリフォーム工事が終わっていても、3年以内は申請が可能です。

【火災保険申請の流れ】
自然災害による雨樋の破損や歪みなどについて、火災保険による請求を申請する際の流れです。信頼できるリフォーム会社や工務店など修理会社に、雨樋の修理工事費用の見積もり作成を依頼します。自然災害による破損かどうか判断できない場合も含め、一度調査してもらいましょう。

雨樋の部分的な補修は、少額の費用でできる場合は火災保険補償の対象外です。自然災害で、かつ修理工事費用の見積もり額が20万円以上であれば、火災保険を請求できます。

ただし、近年増えているオールリスクタイプの火災保険では、実損額と同等の補償が受けられることもあります。

【申請に必要な書類】

保険会社へ連絡して申請の必要書類を送付してもらいます。
● 保険金請求書:自分が作成
● 事故状況説明書:自分が作成又は修理業者
● 修理費用の見積もり:修理業者が作成
● 損害物(被害箇所)の写真:修理業者または自分が作成

見積もりは修理業者に作成してもらったものです。2階などの危険な場所の写真は、無理せず修理業者に依頼しましょう。必要書類を揃えて保険会社に提出し、申請および請求となります。
詳しくは修理業者に質問すれば申請の手順等教えてもらえるはずです。

雨樋修理・清掃を依頼する業者選びのコツ
雨樋の修理や清掃を依頼する業者は、雨樋修理専門業者や屋根業者、リフォーム業者などが該当します。

業者選びの際のポイントとして、下記を参考にすると良いでしょう。

● 雨樋工事専門の修理業者または屋根業者
● 雨樋修理・清掃の実績や経験が豊富
● 火災保険の知識や経験が豊富
● ネット上などの口コミや評判

雨樋工事を依頼するのに理想的なのは、雨樋の修理や清掃を得意とする専門の業者や屋根業者です。他の工務店や外装業者であっても、雨樋修理や清掃の実績や経験が豊富だとスムーズな工事が期待できます。

大手工務店やハウスメーカーに依頼すると、実際に作業するのは下請け業者となり仲介料が上乗せされて費用が高くなる可能性があるので注意してください。今は、ネット上でさまざまな企業の口コミや評判をチェックできるので、ぜひ活用しましょう。

以上の点を参考にして、条件に合った業者を2、3社ピックアップして見積もりを依頼します。

提出された見積もりの内容や金額を比較検討した上で、実際の現地調査や打ち合わせなどの手応えから一社に絞るのが理想的です。費用相場よりも高すぎる、あるいは安すぎる値段を提示された場合、何らかの理由が考えられるので、先に紹介した相場を参考にして判断すると良いでしょう。

業者に雨樋の修理・清掃を依頼した際のチェックポイント
なお、実際に雨樋の修理・清掃を業者へ依頼した際に、チェックしたいポイントもまとめます。

● 損傷箇所を一緒に確認する
● 修理箇所が直っているか一緒に確認する
● 実際に水が流れるか一緒にチェックする
● 修理後の雨の日に修理箇所を確認にする

どの箇所の修理が必要なのか、工事後きちんと修理されているか、といった点を業者と一緒に確認することが大切です。施工内容の誤解があると、後にトラブルに発展しかねないので気をつけてください。

目視が難しい場合は、業者に写真を撮影してもらい修理されていることを一緒にチェックすると良いでしょう。雨樋の詰まり解消や清掃の場合は、工事後に実際に水が流れるかどうかを一緒に確認しておくと安心です。

もし気になる点があれば、その場で担当者に尋ねるなどの対策を取りましょう。

まとめ

雨樋修理・清掃は無理せず実績のある業者に依頼しよう
雨樋は外壁や屋根と同様に建物には欠かせない部材です。寿命に関わらず、破損や傾きといった不調が見られる場合は、早めに修理する必要があります。ここで紹介した費用の相場を参考にして、見積もりの金額が妥当かどうかを判断し、適切な価格で工事を担当してくれる業者に頼みましょう。

実際に雨樋工事をする際には、担当者と一緒に該当箇所のビフォーアフターを確認して、仕上がりに納得した上で支払うことが大切です。実績が豊富な業者に雨樋修理や清掃をお願いして、快適な暮らしを送っていきましょう。

株式会社翔工務店は屋根工事、足場工事、塗装工事完全自社施工です。適切な費用、知識、技術をお約束致します。必要のない工事はご提案致しません。
お見積もり、ご相談はもちろん無料になりますのでいつでもお気軽にご相談ください。

For roofing, guttering, and exterior work and repairs in Kanagawa, contact Kakerukoumuten Co., Ltd..

AAA is a young company with an average age in the early 20s, but our technology is second to none.

One of our greatest strengths is that we can do all of our own scaffolding, roofing, and painting work. In this industry, where work is generally divided, we are able to provide a complete set of services, which saves time and effort in management and reduces costs. Above all, if there is any trouble, we will come to you right away!

We can confidently declare this. We are the youngest and most friendly renovator in Kanagawa!