お悩み相談

外壁塗装はセンスが試される?!後悔しない塗装色の選び方とは?

外壁塗装を満足のいくものにするためには、色選びが物凄く大切になってきます。

とはいえ、色に関する知識がない場合、何を基準に色を選べばいいかわからなくなってしまいますよね。

そこでこの記事では、外壁塗装の色選びのコツについて詳しく解説していきます。

 

外壁塗装成功のカギは色選び?

外壁塗装は長くて10年前後寿命がありますので、適当に色を選んでしまったり、好き嫌いだけで色を選んでしまうと、次の塗装を行うまでずっとモヤモヤした気持ちで過ごさなければならなくなってしまいます。

仕上がりに満足できなかった場合、塗り治しを行うことももちろん可能なのですが、その場合は再度高額な費用が掛かってくるため、現実的に考えるとかなり難しいと言えるのです。

自宅の外観というのは毎日目にするものですので、慎重に配色を決めていくことが大切です。

 

正しい色の選び方とは?

では、外壁塗装で後悔しないためには、一体どのようにして塗装色を選んでいけばいいのでしょうか。

おすすめの選び方をいくつか紹介していきます。

 

住宅周辺の景観と合わせる

自分や家族が気に入った色で塗装することができれば、家に帰るのがより一層楽しみになるでしょう。

ただ、好みだけで選んでしまうと、浮いた色になってしまう可能性があるのです。

あえて近隣住宅と似ている色にする必要はありませんが、派手な色にしすぎてしまうと、ひときわ目立ってしまう可能性がありますのでよく考えた上で決めていきましょう。

また、自宅周辺にどのような景色が広がっているかということを考えながら決めていくことも大切です。

周辺の景色と自宅の色を合わせることができると、よりオシャレな雰囲気を演出できるようになるでしょう。

面積効果を意識する

あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、「面積効果」を意識して色を選ぶことも大切です。

面積効果というのは、面積によって色の見え方が変わる視覚効果のことを指します。

面積が比較的小さい場合は色が暗く見え、面積が比較的大きい場合は明るく見える傾向にあるのです。

このような視覚効果を頭に入れながら色を選ぶことで、よりイメージに近い仕上がりになるでしょう。

 

色が持つ特徴を考える

色には、

暖色
寒色
膨張色
収縮色

など、様々な特徴があります。

どの特徴を持った色を使うかによって、家の見え方が変わってきますので、どのような印象の家にしたいのかをイメージしながら、色を決めていくと良いでしょう。

 

塗装後のことを考えて選ぶ

外壁塗装をする際は、塗装後のことも考えなければなりません。

具体的には、

汚れが目立ちにくい色
経年劣化が目立ちにくい色

を選ぶことが大切です。

そうすることで、より長持ちさせることができますし、外観を綺麗に保つことも可能になります。

翔工務店の外壁塗装施工例

周囲からのイメージで決める

家のイメージというのは、塗装色である程度コントロールすることができます。

例えば、黒やブラウンを使うことでかっこいい印象を与えることができますし、ホワイトやベージュを使うことで、少し柔らかい印象を与えることも可能になります。

例えば、男性が多い家庭であれば、落ち着いたかっこいい色を使用するのも1つの方法と言えますし、女性が多い家であれば可愛らしい色を選んでみるのもありでしょう。

 

オシャレに見える配色のコツ

では次に、オシャレに見える配色のコツについて詳しく見ていきましょう。

 

階によって色を分ける方法もある

外壁塗装をする場合、1階と2階で色を分けることもあります。

そうすることで、周辺の住宅とは違った雰囲気にすることができるため、オシャレな外壁が出来上がるでしょう。

系統が違いすぎる色は選ばないようにしましょう。
系統が違う色を選んでしまうと、不自然な印象を与えてしまうことがありますし、目立ちすぎてしまう可能性が高くなります。
落ち着いた優しい雰囲気の外観に仕上げるためにも、できるだけ同系色の色を選んでみることをおすすめします。

 

形状を利用して色を塗り分ける方法もある

家の形状を利用して、色を塗り分けるという方法もあります。

よくあるのは、屋根付近の三角形の部分と、それ以外の部分で色を分けるという手法です。

そうすることで、ちょっとしたアクセントを入れることができますので、よりオシャレな外壁になるのです。

ただし、色を塗り分ける場合は専門家のアドバイスや意見を取り入れる必要がありますので、事前に塗装業者に相談しておくようにしましょう。

 

塗装色を選ぶ時の注意点とは?

では次に、塗装色を選ぶ時の注意点について詳しく見ていきましょう。

 

いくつかの色を組み合わせる場合は業者に相談しよう

「周辺の住宅とは違う色にしたい」

と考えている人の中には、いくつかの色を組み合わせてみたいと思っている人もいるでしょう。

複数の色を上手に組み合わせることで、かなりオシャレな外壁が出来上がるのですが、適当に組み合わせると不自然な外壁になってしまうこともありますので、事前に業者に相談しておくことをおすすめします。

 

ツヤによっては同じ色でも見え方が異なる

同じ色を使った場合でも、ツヤありかツヤなしかで見え方が変わってきます。

ツヤの有り無しを決定する場合は、色との相性や外壁材との相性を確認しておく必要がありますので、この場合も業者に相談してみることをおすすめします。

 

外壁塗装で人気の色ってどれ?

次に、外壁塗装で人気の高い色をいくつか紹介していきます。

 

ベージュ


ベージュというのは、外壁塗装色の中でもかなり人気を集めています。

ベージュというのは、基本的にどの景観にも合いますし、シンプルなデザインでありながらオシャレさも兼ね備えているため、迷ったらこの色を選択してみることをおすすめします。

また、ベージュは汚れが目立ちにくいという性質がありますので、できるだけ長持ちさせたい人にも最適な色と言えるでしょう。

 

ホワイト

ホワイトは、もはや定番ともいえるカラーで、清潔感のある優しい印象に仕上げることができます。

また、他の色との相性も良いため、組み合わせたいと思っている人からも人気を集めています。

ただし、若干汚れや傷が目立ちやすいというデメリットがありますので、ホワイトをメインカラーにする場合は、定期的にメンテナンスを行うことが大切です。

 

ブラウン


落ち着いた大人の雰囲気を出したいと思っている場合は、ブラウンをチョイスしてみてください。

ブラウンというのは、サッシや玄関の色と相性が良く、高級感を演出することもできます。

ただし、ブラウンは見本と実際の見え方が変わってきやすい色でもありますので、サンプルをよく確認した上で判断しましょう。

 

グレー

最後は、グレーです。

グレーを選ぶことで、モダンな印象を与えることができますし、汚れが目立ちにくいため長持ちさせることも可能です。

特に、薄いグレーはかなり人気を集めていますので、落ち着いた雰囲気やモダンな雰囲気を演出したいと思っている場合は、グレーを選んでみると良いでしょう。

 

まとめ

外壁塗装を行う場合は、色について真剣に考えておくことが大切です。

適当に選んだり、安易な考えで選んでしまったりすると、仕上がった後にがっかりしてしまうことになります。

とはいえ、色選びというのは簡単なようで難しいため、今回紹介したことを参考にしつつ、業者などに相談をしたうえで慎重に決めていくようにしましょう。

弊社でも、外壁塗装や色合いのご相談などを随時受け付けておりますので、お悩みの方はお気軽にご連絡ください。

神奈川で屋根・雨樋・外装の工事、修理なら 株式会社翔工務店へ

株式会社翔工務店は平均年齢20代前半の若い会社ですが、技術はどこにも負けていません。

いちばんの強みは、足場工事、屋根工事、塗装工事とすべて自社で行えること。一般には分業されるこの業界にあって、一式で頼めるので管理に手間がかからず、コストも抑えることが出来ます。何より、トラブルがあればすぐにかけつけます!

自信をもって、宣言できます。私たちは、神奈川で一番若くて親切なリフォーム屋です!