その他工事施工実績

神奈川県|横浜市青葉区|U様邸:屋根リフォーム・外壁塗装工事によるリフォームを行いました!

U様邸 施工写真
BEFORE
AFTER

こんにちは!
神奈川県横浜市青葉区の屋根、外壁塗装、外装リフォーム専門店の株式会社翔工務店(カケルコウムテン)の山中です!
横浜市青葉区の外装リフォームの施工事例になります。
外装リフォームにはいくつか種類がありますが、今回の工事内容は外壁塗装工事、屋根重ね葺き工事、破風、帯板金工事になります!

このページでは実際に翔工務店で施工した実績をご説明していきます!

この度は翔工務店にご依頼誠にありがとうございます!

1.高圧洗浄



外壁の高圧洗浄により、汚れとコケをしっかり落とします!

2.各部養生


マスキングテープ、ブルーシート、ポリマスカーなどにより窓・サッシ・床など、塗装しない、箇所を養生して行きます。塗装工事の中でとても大切な作業です!養生を疎かにすると、養生に隙間ができ塗料が入り込んでしまったり、きれいなラインが出なかったりしてしまいます。

3.下塗り


高圧洗浄や下地処理を終えた後に最初に塗料を塗る作業で、上から塗っていく中塗り、上塗りがしっかりと塗装面にくっつくようにするための塗料です。下塗りをしっかり塗ることで、耐久性、仕上がりに大きく差が出ます!

4.中塗り

塗料の性能を発揮させる為、美しく仕上げる為や塗りムラをなくす為の重要な工程になります!

5.上塗り


外壁塗装の仕上げになります。ムラや塗り残りなく、仕上がりが美しくなるように意識して行います!使用した塗料はエスケー化研/プレミアム無機になります!

  

6.付帯部塗装(キリヨケ・雨樋・笠木・木部・軒天)

 

軒天

・笠木

・キリヨケ

・雨樋

・木部


塗れるところは細かいところまでしっかりと塗っていきます!

その他の塗装工事の施工実績も是非こちらからご覧下さい!

屋根重ね葺き工事施工手順

1.既存棟板金解体


カバー工法に不要な既存の棟板金を解体していきます!

2.ルーフィング張り(防水シート)

使用したルーフィングは日新工業/カッパ23です!
遅延型粘着性改質アスファルトルーフィングという素材で通常のアスファルトルーフィングの倍の耐久年数と言われております。
1次防水という役割でルーフィングがしっかりしていれば雨漏りしないです!

飛ばないようにしっかり貼って行きます。

3.役物加工(唐草・ケラバ)


屋根本体施工前にケラバや唐草といった役物を加工して施工していきます!
使用した役物はガルバリウム鋼板になります。

4.本体工事(旭ファイバーグラス/リッジウェイ)


役物加工後に、棟際までリッジウェイ本体を葺いていきます!
棟際まで葺き上がったら貫板という棟板金を固定するために必要な材料を設置します。貫板には杉・樹脂と種類がありまして、今回は樹脂製の貫板を使用させて頂きました!

5.棟板金・換気棟加工・各所シーリング


棟板金を加工して取り付けていきます。継目の内側にシーリングをしっかり打っていきます。
壁際は雨押え板金という部材を加工して取り付けます。
固定する釘やビスは錆に強いステンレス製の物を使用します!

6.清掃


バルコニーや雨樋に落ちてしまったゴミを清掃します。釘や板金の破片などケガにつながる為、徹底して行います。

使用した屋根材は旭ファイバーグラスのリッジウェイになります。
リッジウェイは10年間のメーカー保証が付きます。
表面に焼き付け塗装された天然石を使用しているため、塗装が不要な屋根材ですので、メンテナンスコストが抑えられます!
表面に細かな天然石を使用しているため雨音に悩まされる事もありません。
また、軽量の屋根材なので地震にも強く耐震性もあります。

■デュアルブラック

■ハーバードスレート

■ヴィンテージグリーン

■デュアルブラウン

■アーストンシーダー

今回はハーバードスレートの屋根工事で非常に良く仕上がりました!
お客様にも大変満足していただき、私もとても嬉しかったです!
ありがとうございました!

その他の屋根工事施工実績も是非こちらからご覧ください!

屋根カバー工法とは?

現在の屋根をほぼそのまま残し、その上に新しい屋根を載せて、覆うのが屋根カバー工法です。
文字通り、屋根を屋根でカバーする工法です。よって、屋根が二重になります。屋根を重ねて葺くので、「重ね葺き」という呼ばれ方もします。

カバー工法のメリット

「現在の屋根」に「新しい屋根」を被せるので、解体工事がほぼ不要、つまり廃材がほとんど出ません。
これが最大の特徴で、様々なメリットへ繋がっていきます。

解体と廃材処理が必要な部分は棟板金くらいなので、葺き替えなどと較べると費用がお安くなります。
2004年、原材料に含まれるアスベスト濃度の法規制が変更されました(詳しくは厚生労働省のサイトをご覧ください)。
2004年以前に施工された建築物の建材にはアスベストを含んだものがあります。アスベストを含む建材は環境負荷が高いために解体も難しく、その費用も、廃材処理費も高額になります。廃材がほぼ出ないカバー工法はこのような屋根にも最適です。

「アスベストを含んだ建材が使われている建物に住んでいて大丈夫か」とお思いの方もいらっしゃるでしょうが、ご安心下さい。破壊や粉砕しない限り、空気中に飛散することはありません。
また、お住まいの屋根の種類が分からない方はご相談ください。

また、塗装や葺き替えよりも短い工期で施工できます。工期が短いということは人件費も少なくなりますので、それだけ費用もお安くなります。
普段とは違った環境で生活しなくてはならないという心理的な不安も少なくなります。
足場を架設した場合、出入りがしにくい、窓が開けずらいといった不便を感じることもあります。短い期間で通常の生活に戻れることは大きな利点と言えるでしょう。

弊社は屋根工事が主力の会社ですが、屋根カバー工法工事は弊社で最も施工件数が多い工事になります。大変ありがたいことに屋根カバー工法工事は常に途切れることなく施工させて頂いております

破風・帯板板金カバー工事施工手順

破風板や鼻隠し(雨樋が付いている側の破風板)は風がお住まいに悪い影響を与えないようにするという重大な役割を担っています。
台風などの強風時には雨が真横から吹き付けるように降るので、破風板・鼻隠しは風を分散させ、風によって流されてくる雨もそれによって分散し、屋根と外壁材が接合されている部分に到達しづらくなります。これによって吹き込むことを防いでくれています。

一般的には破風板や鼻隠し(雨樋が付いている側の破風板)は「塗装」でメンテナンスをしますが、塗装では直せないような全体的な傷みがあるときに、板金工事を行います。
破風板の板金工事とは、破風板の上ににガルバリウム鋼板を被せるリフォーム工事です。
板金巻き工事、カバー工事とも呼ばれます。

今回は破風板、帯板の板金カバー工事を致しました!

使用した板金:JFE鋼板/極みマックス¥(塗膜15年保証/穴あき25年保証)

1.破風板板金加工

各箇所の寸法を測り板金を破風・鼻隠しの形に加工していきます。

2.帯板金野地板張り

帯板に野地板を加工して張っていきます。
今回は帯板の高さなどが疎らでしたので野地板を張り、平行にしてから板金加工していきます!

3.釘、ビス打ち

加工した板金を貼り、釘打ちをしていきます!継目の内側にもコーキングを打っていきます!

4.端部コーキング処理

帯板金の端部をコーキング処理していきます。

5.清掃をして完了になります!

屋根材 旭ファイバーグラス/リッジウェイ

メーカー保証 10年
期待耐久年数 25年~30年
今回使用した色 ハーバードスレート

 

外壁塗装塗料 エスケー化研/プレミアム無機

外壁色 SR-163

付帯部塗料 日本ペイント/ファインSi

付帯部色 N-90/ブラック

破風・帯板金 JFE株式会社/極MAX
jfe極みmaxきわみ に対する画像結果
耐久年数 約35年
塗膜保証 15年
穴あき保証 25年
カラー 全17色 今回使用した色:ジェットブラック
ソース画像を表示

 

 

見積もり・点検はもちろん無料となります!屋根・雨樋・外壁・外構でお困りのことがありましたら株式会社翔工務店にご相談ください!

仮設足場工事から屋根工事、外壁塗装工事まで完全自社施工で行っております。 他社と比べて費用、質、段取りの良さ、外装工事は負けない自信があります!
自信がありますので相見積もり大歓迎です!
頼んで良かった! と思って頂けるように、頂きましたご依頼には真面目に取り組ませて頂いております。

外壁塗装工事、屋根重ね葺き工事の料金プランなども掲載しております!
お問い合わせお待ちしております。 よろしくお願いいたします。

外装リフォームについてのお役立ち情報はこちら!

 

神奈川で屋根・雨樋・外装の工事、修理なら 株式会社翔工務店へ

株式会社翔工務店は平均年齢20代前半の若い会社ですが、技術はどこにも負けていません。

いちばんの強みは、足場工事、屋根工事、塗装工事とすべて自社で行えること。一般には分業されるこの業界にあって、一式で頼めるので管理に手間がかからず、コストも抑えることが出来ます。何より、トラブルがあればすぐにかけつけます!

自信をもって、宣言できます。私たちは、神奈川で一番若くて親切なリフォーム屋です!