お悩み相談

外構工事前は近隣に挨拶すべき?挨拶をしないとどんなトラブルが起こる?

外構工事をスムーズに進めるためには、近隣への配慮と事前の挨拶が必要です。

中には、

面倒くさいから挨拶をしなくてもいいか

と考えている方もいますが、挨拶をしておかないと様々なトラブルに巻き込まれる可能性が高くなるのです。

この記事では、なぜ外構工事前に挨拶が必要なのか、挨拶をする際に気を付けるべきことはあるのかということについて、詳しく解説していきます。

外構工事前は挨拶をした方が良い!理由は?

外構工事を行う際、基本的には業者が近隣住民に挨拶をしてくれます。

こう聞くと、

それなら自分で挨拶に行く必要はないでしょ?

と感じる方もいると思いますが、業者が挨拶に来るのと、依頼主が挨拶に来るのでは受け手の印象が大きく変わります。

業者に任せっぱなしにしてしまうと、

あのお宅は一言も挨拶をしてこなかった

因縁をつけられてしまうこともありますので注意が必要です。

外構工事で起こり得るトラブルとは?

では次に、外構工事で起こりやすいトラブルについて詳しく解説していきます。

騒音トラブル

外構工事を行う際、大きな音が出ることがあります。

依頼主からしてみれば、自宅のエクステリアを完成させるために必要なことだと割り切れるかもしれませんが、全く関係のない近隣住民は、

うるさい

鬱陶しい

と感じてしまうでしょう。

特に小さな子どもがいる場合は、大きなトラブルに繋がりやすくなりますので注意が必要です。

粉塵の飛散

外構工事によっては、既にあるエクステリアを解体して、新しいエクステリアを設営するケースもあります。

その際、コンクリートを削ったり、アスファルトを削ったりする必要が出てきますので、どうしても粉塵が飛散してしまうのです。

粉塵が飛散してしまうと、お隣さんの洗濯物を汚してしまったり、お隣の住宅を汚してしまったりする可能性も高くなり、トラブルに発展しやすくなります。

業者も、できるだけ粉塵が飛び散らないように養生をしたり、工夫して作業をしたりしてくれますが、粉塵を出さないように作業をするというのは限りなく不可能に近いです。

事前に挨拶をして、

ご迷惑おかけするかもしれませんが

と伝えておくことで、このようなトラブルを未然に防げるようになります。

工事車両の出入り

外構工事では、

・トラック
・重機

などが頻繁に出入りしますので、騒音や車両の通行などの関係でトラブルに発展してしまうことがあります。

例えば、

そんなところにトラックを停めたらうちの車が出られないでしょ!

というようなトラブルに発展することもありますので、事前に挨拶をして事情を説明しておいた方が良いでしょう。

外構工事前の挨拶をする際に覚えておくべきポイント

では次に、外構工事前の挨拶をする前に覚えておくべきポイントをいくつか紹介していきます。

どこまで挨拶をすればいい?

外構工事の挨拶をする際は、

向こう三軒両隣

を意識しましょう。

基本的には、自宅の両隣と真裏のお宅に挨拶をすれば問題ありませんが、工事規模が大きい場合やどうしても心配な場合は、3軒程度間で挨拶の幅を広げることをおすすめします。

どのタイミングで挨拶をした方が良い?

挨拶のタイミングは、早ければ早いほど良いです。

忙しくてどうしても挨拶周りができない場合は、最低でも工事の1週間前までに行うようにしましょう。

先ほども解説したように、外構工事を行う際、基本的には業者が近隣住民に挨拶を行ってくれます。

この時に自分も一緒に同行することで、二度手間を避けられますし、相手の時間も奪わずに済みます。

手土産は必要?

外構工事の挨拶をする際は、手土産を持って行った方が良いです。

絶対に持っていかなければならないということではありませんが、手土産や粗品などを用意していった方がトラブルに発展しにくくなりますので、ちょっとしたお菓子やタオルなどを持参すると良いでしょう。

ただし、あまりにも高価なものを持って行ってしまうと、逆に迷惑がられてしまうことがありますので注意が必要です。

何を伝えればいいの?

外構工事前の挨拶では、

・開始日
・終了日
・期間
・時間帯
・業者名
・内容

などを伝えておくと良いでしょう。

工事完了後の挨拶は必要?

外構工事前に挨拶をするのも大切ですが、工事完了後に挨拶をするのも大切です。

長らくご迷惑をおかけいたしました

と伝えておくことで、今後の関係を維持しやすくなります。

まとめ

外構工事をする際は、近隣トラブルに注意しなければなりません。

近隣トラブルを未然に防ぐためには、工事開始前の挨拶が重要です。

基本的には業者が挨拶周りをしてくれますが、業者に任せっきりだと住民から反感を買う恐れがあります。

挨拶周りはそう時間がかかるものではありませんので、タイミングを見つけて行っておくようにしましょう。

また、工事が長期間に及ぶ場合や、大きな音が出てしまった場合は、今後の関係を良好に維持するためにも、工事完了後にも挨拶をしておくことをおすすめします。

その他の外装リフォームについてのお役立ち情報はこちら!

神奈川で屋根・雨樋・外装の工事、修理なら 株式会社翔工務店へ

株式会社翔工務店は平均年齢20代前半の若い会社ですが、技術はどこにも負けていません。

いちばんの強みは、足場工事、屋根工事、塗装工事とすべて自社で行えること。一般には分業されるこの業界にあって、一式で頼めるので管理に手間がかからず、コストも抑えることが出来ます。何より、トラブルがあればすぐにかけつけます!

自信をもって、宣言できます。私たちは、神奈川で一番若くて親切なリフォーム屋です!