施工実績

神奈川県|横浜市青葉区|D工務店様:破風板金工事・軒樋交換工事によるリフォームを行いました!

BEFORE
AFTER

こんにちは!
神奈川県横浜市青葉区の屋根工事、外壁塗装、外装リフォーム専門店の株式会社翔工務店(カケルコウムテン)の山中です!
神奈川県横浜市青葉区破風板金カバー工事、軒樋交換工事の施工事例になります!
屋根カバー工事もご一緒にご依頼いただきました!
屋根工事の施工事例もアップしておりますのでよろしければご覧ください!
この度は、数ある業者の中から株式会社翔工務店にご依頼頂きまして誠にありがとうございます。

D工務店様からご依頼頂きました!

破風板や鼻隠し(雨樋が付いている側の破風板)は風がお住まいに悪い影響を与えないようにするという重大な役割を担っています。
台風などの強風時には雨が真横から吹き付けるように降るので、破風板・鼻隠しは風を分散させ、風によって流されてくる雨もそれによって分散し、屋根と外壁材が接合されている部分に到達しづらくなります。これによって吹き込むことを防いでくれています。

一般的には破風板や鼻隠し(雨樋が付いている側の破風板)は「塗装」でメンテナンスをしますが、塗装では直せないような全体的な傷みがあるときに、板金工事を行います。
破風板の板金工事とは、破風板の上ににガルバリウム鋼板を被せるリフォーム工事です。
板金巻き工事、カバー工事とも呼ばれます。

今回は全体的に劣化していたので、板金カバー工事を致しました!

破風板金カバー工事施工手順

1.既存雨樋取り外し

鼻隠し(雨樋が付いている側の破風板)は雨樋を脱着する必要があるため、既存の雨樋を取り外していきます。
今回は軒樋を交換するので撤去していきます!

2.平板板金加工

各箇所の寸法を測り板金を破風・鼻隠しの形に加工していきます。

3.釘打ち

加工した板金を貼り、釘打ちをしていきます!継目の内側にもコーキングを打っていきます!

4.コーキング処理

コーキング処理をしていきます。

5.雨樋取付

取り外した雨樋を取り付けていきます。
今回は軒樋を新しく交換します!

6.清掃

軒樋交換工事手順

1.既存軒樋解体

破風を傷つけないように軒樋と金具を撤去します。

2.新規軒受け金具取り付け

新しい軒受け金具を取り付けます。軒受け金具を取り付ける際は金具で雨樋の勾配を取る為、凧糸やチョークラインで勾配をつけます。雨樋は勾配が大事です!
注意点は、破風(軒受け金具がついていた箇所)や建物の歪みにより金具で勾配をつけても逆流することがあります。水平器を破風に当てて勾配を確認してから金具をつけて行く事が重要です!

3.軒樋取り付け

新しく軒樋を取り付けていきます!

4.既存縦樋と連結

既存縦樋と軒樋を繋ぎ合わせます。

5.通水テスト、清掃して完了になります!

以上になります!

軒樋は、パナソニックPC50を使用致しました。
デンカやエスロンの雨樋と違い内部に鉄板が入っているため強度があります。
■ミルクホワイト

■しんちゃ

■ブラック

今回はホワイトでの交換工事で奇麗に仕上がりました!
お客様にも大変満足して頂けました!
ありがとうございました!

屋根・雨樋・外壁でお困りのことがありましたら株式会社翔工務店にご相談ください!
仮設足場工事から屋根工事、外壁塗装工事まで完全自社施工で行っております。 他社と比べて費用、質、段取りの良さ、外装工事は負けない自信があります!
自信がありますので相見積もり大歓迎です!
頼んで良かった! と思って頂けるように、頂きましたご依頼には真面目に取り組ませて頂いております。

お問い合わせお待ちしております。 よろしくお願いいたします。

神奈川で屋根・雨樋・外装の工事、修理なら 株式会社翔工務店へ

株式会社翔工務店は平均年齢20代前半の若い会社ですが、技術はどこにも負けていません。

いちばんの強みは、足場工事、屋根工事、塗装工事とすべて自社で行えること。一般には分業されるこの業界にあって、一式で頼めるので管理に手間がかからず、コストも抑えることが出来ます。何より、トラブルがあればすぐにかけつけます!

自信をもって、宣言できます。私たちは、神奈川で一番若くて親切なリフォーム屋です!