お悩み相談

外壁塗装中はエアコンって使えるの?覚えておくべき基礎知識とは?

外壁塗装をする際は、基本的に窓を開けることができません。

そのため、

どうやって室内の温度を調整すればいいの?

エアコンは通常通り使えるの?

という疑問を抱えている方もたくさんいるでしょう。

そこでこの記事では、外壁塗装中のエアコン使用可否について、詳しく解説していきます。

 

エアコンは常に使用できるの?

外壁塗装中は、常にエアコンが使用できるわけではありません。

場合によっては、一時的に使えなくなってしまうこともあるのです。

では、どのような時に使えて、どのような時に使えなくなるのかということについて、詳しく見ていきましょう。

 

問題なく使用できるケース

作業を行う際に室外機取り外さず、養生も行わないという場合は、問題なく使用できます。

また、仮に室外機に養生を行うとしても、工事期間中ずっと養生しているということはほとんどなく、室外機周りの塗装を行った後は撤去されることが多いです。

近年では、エアコンを使用できるように、カバーを設置してくれる業者が増えていますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

仮にエアコンが使えない可能性が出てきた場合は、

いつまで使えないのか
使えるようにする方法はないのか

ということも同時に確認しておいてください。

 

エアコンが使えないケース

室外機壁に密着している場合、その部分を塗装するために一旦室外機を取り外すことがあります。

この場合は、エアコンを使うことができなくなりますので注意が必要です。

ただし、室外機を取り外すかどうかというのは、依頼者側の判断になりますので、外さないでほしいという希望を伝えれば、問題なく使用できます。

 

また、高圧洗浄を行っている最中も使えなくなることが多いです。

というのも、高圧洗浄では勢いよく見ずが飛び散りますので、周辺の機械などを保護するのが一般的です。

ただ、そこまで時間のかかる工程ではないため、数週間ずっと使えなるというケースはほとんどありません。

 

エアコンが使えない場合の対処法ってある?

春や秋などであれば、エアコンを使わずとも生活が可能ですが、特に真夏はエアコンがないと体調を崩してしまう可能性があります。

夏場の塗装を検討しているのであれば、是非次の項目で紹介する対処法を試してみてください。

 

ダメ元で相談してみる

外壁塗装中にエアコンを使いたい場合は、業者に相談してみることをおすすめします。

お客さんのことを一番に考えた業者であれば、何とか使えるように工夫してくれるでしょう。

例えば、

・塗装するとき以外は養生を外す
エアコンが使える養生カバー付ける

などです。

事前に相談をしておかないと、工事期間中ずっとエアコンが使えない状態になってしまうこともありますので、事前に相談しておくようにしましょう。

 

ここで注意すべきなのが、契約前に相談をしておくということです。

中には、工事が始まってから、

「やっぱりエアコンを使いたい」

と相談する方もいるのですが、業者によっては対応してくれないケースもでてきます。

そのため、打ち合わせの段階で使用可否について相談し、もし使えないと言われた場合は、できる限りの対策をしてほしいと伝えておきましょう。

 

室内にある別のエアコンを使う

複数台のエアコンがある場合は、作業に関係のない面のエアコンを使用するというのも1つの方法です。

そうすることによって、外壁塗装工事に支障が出ませんし、快適な温度で生活をすることができます。

とはいえ、家に1台しかエアコンがない場合もあるでしょう。

そのような時は、作業時間だけ外出をするなど、別の対策を考えてみることをおすすめします。

 

エアコン使用でトラブルが起こることもある?

外壁塗装時のエアコン使用について、

必要になったら相談すればいいか

と考えている方も多いのですが、場合によってはトラブルに発展してしまうこともあります。

では、一体どのようなトラブルが起こりやすいのかということについて、詳しく見ていきましょう。

 

エアコンを使えると思っていたのに使えなかった

工事前の段階でエアコンについて一切確認をしていない場合、業者と依頼者で認識の相違が生まれてしまう場合があります。

そうなってしまうと、

使えると思っていたのに使えなかった!

となってしまうケースがあるのです。

このようなトラブルを避けるためには、やはり事前に業者に確認を取り、どうしても使えないようであれば、別の業者に依頼するという方針を固めておくことをおすすめします。

中には、

「外壁塗装中は基本的にエアコンが使えない」

と当たり前のように言ってくる業者もいますが、様々な工夫を行って、エアコンを使えるようにしてくれる業者もありますので、複数の業者に相談してみると良いでしょう。

 

養生が甘くて室外機に塗料が付いた

エアコンを使用するために室外機の養生を行わない場合、塗料が室外機についてしまうことがあります。

そのまま放置していると、塗料が乾燥してしまい、取りにくくなってしまうことがありますので、気づいた段階で業者に伝えることをおすすめします。

工事期間中であれば、室外機についた無駄な塗料を取ってくれる業者がほとんどです。

ただし、工事が終了してしまうと対応してくれなくなってしまうケースもありますので、早めに伝えることが大切なのです。

 

暑さに耐えきれずにエアコンを入れて塗料の臭いが入ってきた

エアコンの多くは、外部の空気を取りこまないように作られていますので、塗料の臭いを部屋の中に取り込んでしまう可能性は低いです。

ただ、中には外部の空気を室内に取り込んでしまうタイプのエアコンも存在していますので、自宅のエアコンをよく確認しておくことをおすすめします。

また、外部の空気を取り込まないエアコンでも、「喚起」にすると外部の空気を取り込んでしまいますので、このようなモードは使わないようにしましょう。

一般家庭では、油性ではなく水性の塗料を使うことが多いため、そこまで臭いがきつくなることはないと思いますが、完全に無臭というわけでもありませんので、臭い対策もしっかりと行っておいてください。

 

ストレスなく外壁塗装をしてもらうためには?

夏場にストレスなく外壁塗装をしてもらうためには、やはりエアコンの使用可否が大切な要素になってきます。

エアコンが一切使えないという場合は、居心地が悪くなるだけではなく、体調を崩してしまう可能性がありますので、エアコンを使えるように少しでも工夫してくれる業者を探すべきでしょう。

 

他にも、エアコンを使用しなくても快適に生活できる時期に依頼をするという方法もあります。

そうすることで、エアコンの使用可否について業者と相談したり、交渉したりする手間を省くことができるのです。

 

まとめ

外壁塗装作業中でもエアコンが使える場合がありますし、行っている作業によってはエアコンが使えなくなる場合もあります。

季節によってはエアコンなしでも快適に生活できますが、夏場などはエアコンがないと具合が悪くなってしまうこともあるのです。

このようなことから、特に気温が30度を超えるような真夏に依頼をする場合は、事前に業者とエアコンの使用可否について話し合いをしておくことをおすすめします。

「どの業者に相談すればいいかわからない」

という疑問を抱えている方は、株式会社翔工務店までご相談ください。

弊社では、できる限りお客様のご要望に沿って作業を進めていきますので、ご要望にお応えできる場合があります。

翔工務店外壁塗装施工事例

 

神奈川で屋根・雨樋・外装の工事、修理なら 株式会社翔工務店へ

株式会社翔工務店は平均年齢20代前半の若い会社ですが、技術はどこにも負けていません。

いちばんの強みは、足場工事、屋根工事、塗装工事とすべて自社で行えること。一般には分業されるこの業界にあって、一式で頼めるので管理に手間がかからず、コストも抑えることが出来ます。何より、トラブルがあればすぐにかけつけます!

自信をもって、宣言できます。私たちは、神奈川で一番若くて親切なリフォーム屋です!