施工実績

神奈川県|横浜市瀬谷区:屋根板金交換・雨樋交換の修繕・修理を行いました。

BEFORE
AFTER

こんにちは!
神奈川県横浜市青葉区の屋根工事、外壁塗装、外装リフォーム専門店の株式会社翔工務店(カケルコウムテン)の山中です!
神奈川県横浜市瀬谷区の屋根修理片棟板金交換及び軒樋一部交換の施工実績になります!
この度は、数ある業者の中から株式会社翔工務店にご依頼頂きまして誠にありがとうございます。

創業以来いつも大変お世話になっております。元請け様からご依頼頂きました!

片棟板金及び軒樋交換手順

1.既存片棟解体

古い棟板金と棟内部の貫板を撤去します。この時に屋根材を割らないように注意します。

片胸板金を撤去すると内部に貫板があります。既存の貫板はすごい間隔が空いていました。よくないですね!

棟を解体した状態です。真ん中に空いている穴は換気棟が設置されていた場所です。屋根裏の湿気や熱を流す役割をしています!

2.新規貫板取り付け
新しい貫板を取り付けます。樹脂製の貫板もありまして、樹脂製の貫板は腐食しにくいです。(タフモック、エコランバーなど)

3.片棟板金及び片流れ用換気棟の加工取り付け(完成)片棟板金と換気棟を加工して取り付けて完成です!

 

4.既存軒樋解体

真ん中が雪害により歪んでいる状態でした。軒樋と金具を撤去します。

5.新規軒受け金具取り付け

新しい軒受け金具を取り付けます。軒受け金具を取り付ける際は金具で雨樋の勾配を取る為、凧糸やチョークラインで勾配をつけます。雨樋は勾配が大事です!

注意点は、破風(軒受け金具がついていた箇所)や建物の歪みにより金具で勾配をつけても逆流することがあります。水平器を破風に当てて勾配を確認してから金具をつけて行く事が重要です!

6.軒樋取り付け

 

7.既存縦樋と連結

既存縦樋と軒樋を繋ぎ合わせます。

8.清掃して完了!

以上になります!

今回施工した雨樋はパナソニックのu105という種類の雨樋です。割と新しい建物に使用されている事が多い気がします。弊社でよく使用しているパナソニックpc50と同じく内部に鉄板が入っているタイプになります!

無事工事完工できてよかったです!

屋根・雨樋・外壁でお困りのことがありましたら株式会社翔工務店にご相談ください!
仮設足場工事から屋根工事、外壁塗装工事まで完全自社施工で行っております。 他社と比べて費用、質、段取りの良さ、外装工事は負けない自信があります!
自信がありますので相見積もり大歓迎です!
頼んで良かった! と思って頂けるように、頂きましたご依頼には真面目に取り組ませて頂いております。

お問い合わせお待ちしております。 よろしくお願いいたします。

神奈川で屋根・雨樋・外装の工事、修理なら 株式会社翔工務店へ

株式会社翔工務店は平均年齢20代前半の若い会社ですが、技術はどこにも負けていません。

いちばんの強みは、足場工事、屋根工事、塗装工事とすべて自社で行えること。一般には分業されるこの業界にあって、一式で頼めるので管理に手間がかからず、コストも抑えることが出来ます。何より、トラブルがあればすぐにかけつけます!

自信をもって、宣言できます。私たちは、神奈川で一番若くて親切なリフォーム屋です!