お悩み相談

外壁塗装にかかる費用ってどれくらい?費用を抑えるコツってあるの?

外壁塗装を検討している方はたくさんいるでしょう。

ただ、

どれくらいの費用が掛かるの?

という不安を抱え、中々問い合わせができないでいる人も多いと思います。

そこでこの記事では、外壁塗装にかかる費用相場や、費用をできるだけ抑えるためのコツについて詳しく解説していきます。

 

外壁塗装にかかる費用ってどれくらい?

では早速、外壁塗装にかかる費用相場について詳しく見ていきましょう。

ただし、外壁塗装の費用相場というのは様々な要因によって変動しますので、一概に断言することができません。

これから紹介する相場はあくまでも目安となりますので、参考程度に考えてください。

 

坪数別費用相場

外壁塗装というのは、坪数によっても費用が変わってきます。

具体的には、

・20坪→相場:約60万円/翔工務店:約50万
・30坪→相場:約80万円/翔工務店:約65万円
・40坪→相場:約100万円/翔工務店:約75万円
・50坪→相場:約105万円/翔工務店:約90万円
・60坪→相場:約125万円/翔工務店:約100万円

が相場となっています。

坪数が10上がるたびに、約20万円値上がりしていくイメージです。

 

費用の内訳

外壁塗装は、ただ壁を塗っていくだけではなく、様々な工程を踏んで塗装に入っていきます。

それぞれの作業別費用は、

・足場→約20万円
・養生→約10万円
・高圧洗浄→約3万円
・塗装→約30万円
・破風→約3万円
・その他経費→約10万円

になることが多いです。

業者によって多少の違いはあるかと思いますが、上記金額を参考にしながら見積もりを確認してみると良いでしょう。

 

材料ごとの費用相場

外壁塗装で使用する材料によっても、費用相場が変わってきます。

具体的には、

・ウレタン→約70万円
・シリコン→約80万円
・ラジカル→約83万円
・フッ素→約90万円

となっています。

 

外壁の種類ごとの費用相場

外壁塗装は、外壁の種類によっても価格が変わってきます。
■窯業系サイディング

■金属サイディング

■モルタル

サイディング外壁の場合は、今紹介した金額に近い見積もりになることが多いです。

モルタル外壁や金属外壁の場合は、今紹介した相場よりも最大で10万円ほど高くなることがあります。

また、コンクリート外壁の場合は相場より最大で15万円ほど高くなることがあり、木製外壁の場合は相場よりも最大で30万円ほど高くなることがありますので、覚えておいてください。

 

外壁塗装の費用を抑えるためのコツって何?

外壁塗装には、意外と費用が掛かってきます。

多くの人が、

できるだけ費用を抑えたい

そう思っているでしょう。

では、外壁塗装の費用を少しでも抑えるためには一体どうすればいいのでしょうか。

具体的な方法をいくつか紹介していきます。

 

外壁の劣化がひどくなる前に業者に依頼する

外壁塗装の費用を少しでも安くしたいのであれば、外壁の劣化がひどくなる前に業者に連絡をすることがおすすめです。

外壁というのは常に雨風に触れている状態ですので、劣化スピードも比較的早いです。

汚れが目立ってきたにもかかわらず、ずっと放置してしまった場合は外壁だけではなく木材までダメになってしまい、外壁塗装だけではなく内装工事も行わなければならなくなってしまうことがあるのです。

そうなると、先ほど紹介した費用では到底収まらなくなってしまうでしょう。

 

逆に、外壁の汚れが少し目立ってきた段階で業者に依頼をすることで、行う工程を最小限に抑えることができるため、費用を抑えやすくなるのです。

 

繁忙期以外に依頼をする

これは外壁塗装に限った話ではありませんが、繁忙期以外に外壁塗装を行うことで費用をグッと抑えられる可能性が高くなります。

外壁塗装の繁忙期は春と秋と言われているのですが、この季節に依頼をしてしまうと数か月待ちになってしまうことも多く、値引き交渉などにも応じてもらえないことがあるのです。

しかし、あえて閑散期に依頼をすることで、費用についても柔軟に対応してもらえる可能性が高くなりますので、少しでも費用を抑えたいと思っている方は試してみてください。

 

塗料のグレードを下げる

先程も解説したように、塗料には様々な種類があり、それぞれで費用が異なります。

高い塗料を使えば、当然見た目や性能を上げることができますが、その分高額な費用が必要になってきてしまうのです。

このようなことから、外壁塗装の費用を抑えたいと考えている場合は、塗料のグレードを下げてみることをおすすめします。

ただ、全て安い塗料で行うという形ではなく、塗装部分に合わせて、

・高い塗料
・安い塗料

を使い分けてみるのも1つの方法です。

 

とはいえ、外壁塗装に関する知識がない人にとっては、どの部分にどの塗料を使うべきなのかがわかりませんよね。

そのような場合は、是非弊社までご相談ください。

お客様それぞれのご要望や、予算目安などと合わせて、ベストなご提案をさせて頂きます。

 

価格交渉をしてみる

外壁塗装の費用を少しでも抑えたい場合は、業者に価格交渉をしてみることもおすすめです。

そうすることで、大幅な値下げは難しいかもしれませんが、端数分を切ってくれたり、オプションをつけてくれたりする可能性があります。

とはいえ、優良業者は最初から適切な価格を設定していることが多いため、値下げ額に満足できないかもしれません。

ただ、逆に大幅な値下げをすぐに行う業者というのは、最初にそれだけ上乗せして見積もりを出しているということですので、交渉をしなければ通常よりも高い金額を支払う羽目になってしまいます。

具体的には、見積もり後に10万円以上の値引きをする業者に注意が必要です。

外壁塗装では、10万円を超える値引きを行うと、業者の利益がほとんどなくなってしまいます。

このような大幅値引きができるということは、どこかで手を抜いているか、お客様に気づかれないようにコスト削減を行っている可能性がありますので注意が必要です。

 

屋根工事も同時に行う

外壁塗装の費用を少しでも抑えるためには、屋根工事も同時に依頼してみることがおすすめです。

外壁と屋根の工事を同時に依頼することで、その分見積もり額は上がってしまいますが、1回の依頼で屋根と外壁を工事することができるため、長期的にみるとコスパが良くなることもあるのです。

というのも、外壁塗装や屋根工事をする場合、足場を設置する必要があります。

それぞれを別々で依頼した場合、足場の費用約20万円前後が2回にわたって発生してくることになります。

しかし、一度に外壁と屋根の工事を依頼することで、足場代を節約することが可能になるのです。

翔工務店の屋根工事施工例

 

外壁塗装の費用を抑えたいと考えている人が注意すべきこと

最後に、外壁塗装の費用を抑えたいと考えている人が考えるべきことについて、詳しく解説していきます。

 

安すぎる業者に注意!

多くの方が複数の業者に相見積もりを取ると思うのですが、中にはほかの業者とは比べ物にならないくらい安い金額を提示してくる業者もあります。

一見、激安の業者に依頼をした方がお得のように感じてしまいますが、先ほども解説したように大幅な値引きをしてしまうと業者の利益がほぼなくなってしまいます。

にもかかわらず、他社よりもかなり安い金額を提示できるということは、何かしら裏がある可能性が高いです。

そのため、あまりにも安すぎる業者への依頼は避けることをおすすめします。

 

曖昧な見積もりを出してくる業者に注意!

外壁塗装を依頼する場合、見積もりの内容をしっかりと確認しておくことをおすすめします。

優良な業者というのは、何にどれくらいの費用が掛かるのかということを明確に提示します。

中には、かなり曖昧でざっくりとした見積もりを出す業者もいるのですが、このような業者に依頼してしまうと、後から追加費用を請求されたり、料金を水増しされてしまったりする可能性が高くなりますので、注意してください。

 

まとめ

外壁塗装の費用相場というのは、様々な要因によって変動してきますので一概に断言することができません。

そのため、最も手っ取り早く料金の目安を知りたいのであれば、業者に見積もり依頼をしてみると良いでしょう。

そうすることで、大体の費用相場を把握することができますし、見積もりの丁寧さで優良業者かどうかを判断することも可能になります。

また、外壁塗装の費用を抑える方法もいくつか存在していますので、依頼を検討されている方は是非参考にしてみてください。

神奈川で屋根・雨樋・外装の工事、修理なら 株式会社翔工務店へ

株式会社翔工務店は平均年齢20代前半の若い会社ですが、技術はどこにも負けていません。

いちばんの強みは、足場工事、屋根工事、塗装工事とすべて自社で行えること。一般には分業されるこの業界にあって、一式で頼めるので管理に手間がかからず、コストも抑えることが出来ます。何より、トラブルがあればすぐにかけつけます!

自信をもって、宣言できます。私たちは、神奈川で一番若くて親切なリフォーム屋です!